2009年3月13日 金曜日 実は早退して鳥取まで遊びに行ったんです・・・・・・。

なぜ早退したかと言えば、宿代が平日に泊まるのと土曜日に泊まるのとではものすごく違うのです。
そこで、午後からの早退なら会社に迷惑をかけないだろうということで金曜日に行く事にしたのです。

ものすごい強風でした!!

普通、鳥取といえば砂丘ですよね・・・・・・?

道の駅で写しました。

そうか、この写真のように「因幡の白ウサギ」を思い出されるかもしれませんが・・・・・・・・?

 

今回、私の場合は「滝巡り」が目的で?鳥取まで行ったんです。

写真は今滝ですが、鳥取県の湯梨浜(ゆりはま)町にある今滝は落差44メートルの直爆です。
例によって食事にこだわりながら、遊びの写真をアップしていきますのでお付き合い下さい。

みぞれが降ってきました

金曜日に早退して遊びに来ました。

当日は台風なみの強風が吹いて、山陰道ではトラックが横転したそうです。

翌日の様子なのですが、なんと!!みぞれが降りました。

 

不動滝の様子です。

不動滝と言う名前は各地にありますが、神様として祀られていたことが分ります。

 

次は青谷(あおや)町の「因幡の名水地御滝山」に行きました。

不動明王がおわします。

不動滝(一の滝)です。

ご本尊不動明王をお祀りしています。

御滝山の中心の滝です。

シメナワが張られているのが分りますか?

湯原滝です(二の滝)。

20メートルの高さから一気に水しぶきを
あげ、滝壺を洗う男性的な滝です。

妙円滝(三の滝)です。

20メートルの高さから、岩に沿ってさらさらと糸を引くように流れる柔和な、女性的な滝です。

 

 砂が飛んできて大変でした

 滝の後は、せっかく来たのだから・・・という訳で、鳥取砂丘まで来ました。
とにかく風が強くて寒い寒い・・・・強風で吹き上げられた砂が顔に当たると本当に痛いんですよ。
おまけに、砂が頭の中(髪の毛の中)まで入り込んで大変でした。

帰り道に用瀬の流し雛の里を見学しました。

 

またまた、いやらしい国語の時間ではありませんが、用瀬と書いて何と読むか分りますか?

「もちがせ」と読みます。 ここの流し雛が有名なんです。
今年は3月29日の日曜日に行なわれます。ちょうど高速道路の通行料が1000円になりますので出掛けてください。

 

トップに戻る     お食事編に続く

 

 

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO