2008年9月28日 日曜日 但馬は日高町へ行きました。

この広い滝壺を持った滝は「八反の滝」です。 今日はワンコ7号・8号も一緒に来ています。

 

 

この八反の滝は、但馬ドームから僅か5分もかからない、住宅街の一角にあります。
車を邪魔にならない場所に停めて、歩いて行きますが滝壺まで10分もかかりません。
もちろん? 貸切ですし、水量は多いし、ロケーション抜群のいい滝です。  

続いて「俵の滝」へ来ました。

ちょっと分り難い所にありますが、道の駅で貰ったパンフに載っていたので来る事が出来ました。

一ツ滝:二ツ滝に来ました・・・・・今日は忙しく、駆け足で滝巡りをしています。

やはり滝巡りはマイナーな遊びだなー・・・実感します。   とにかく、何処へ行っても「貸切」なんです。

 

さて、今日のメインである「吉滝」に来ました。 都合3回目の訪問です。

 

この雰囲気が大好きなんです。

 

この滝は、「裏見」が出来るのです。 裏見とは字の通り、滝の裏側へ行く事が出来るのです。
直爆(障害物がなく一直線に落下している滝)ですし、人工のお宮さんも周りに溶け込んでいるように感じます。

鬱蒼と茂った草木の中に静かに佇む滝の姿は本当に神秘的で感動します。

今日は、この滝にしては水量もある方です。
ただ、ちょっとシャッタースピードを遅くして、滝の水が流れている様子を強調しています。
あまりゆっくりにすると、滝の流れが布のように見えてしまいますので、1/1.5秒にしました。

ここも車を停めた場所から僅か5分ほどで滝まで行く事が出来ます。
ワンコ2号お薦めの「歩かなくても見られる」いい滝です。

以前は、台風の影響で散策路の一部が崩れていましたが、現在は補修も終わって、安心して歩けます。

最後は「要(かなめ)」滝です。
吉滝からは山越え出来るショートカットの道があるそうですが、私は通常の道を走りました。

ここも公園として整備してありますので、簡単な服装で行く事が出来ます。

今回はワンコ2号のリクエストに応えて、「歩かなくても行ける滝」を中心に行きました。
それでも但馬方面には見応えのある滝がたくさんあります。
ただ、時間的な制約があります(おばあちゃんが待っているのです)ので、ゆっくり出来ません。

午後3時を過ぎています。今から高速道路を通って(朝来から乗ります)姫路まで帰ります。

 

 

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO