2004年10月30日 皆坂の滝へ来ました・・・納得しました。

「神々しさ」を感じました 

やっと本物の「皆坂の滝」に行き着きました・・・・・・・・・。
本物と言うのは、実は昨年もここに来ているのですが、どれが滝か分からなかったのです。

やはり滝は水の流れているときに来ないといけません。

 極 近くまで行くことが出来ます

写真の練習をしてみました・・・・・・手前の緑の木にピントを合わせてみたのです。
右の写真は滝壺の様子です・・・ここも普段は水量が少ないのですが、今回は台風の影響で迫力がありました。

 滝は信仰の対象になっている場合が多いのですが、この滝も例外ではありません。
そして、一種の「神々しさ」を感じました。畏怖と言ってもいいかもしれません。

自然の前では人間は無力なものです。

昨年12月のの様子です

昨年の様子です・・・12月20日に大雪だったのです。

是非昨年の「皆坂の滝」を見て欲しいのですが、この標識の意味するところが今日やっと理解できました。
滝まで行くコースが何通りかあるのです。コースの名前(Aコース・Bコースとか)でも入れて欲しいと思います。

台風被害の様子です

今年は「台風の当り年」で、いたるところで大木が倒れていました。

    

ここは木々の緑が本当にきれいなところです・・・・納得。

竹林です・・・雰囲気があります

写真に撮ってよかったと思って大きく入れました・・・ 道中の様子です 。

先にも書きましたが、自然の前では人間は本当に無力なものです・・・・・大切にしましょう。

 

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO