2005年4月30日 土曜日 GW二日目です・・・水芭蕉と「天滝」を目指しました。

昨日、夢前町の僧屋敷の滝に行ったら水量が乏しかったのですが、さすがに天滝は期待に違(たが)いませんでした。

 

この滝は大きすぎるので、その大きを上手く伝えるのが難しいのです。
パノラマ写真を入れてもいいのですが、中途半端になるのでやめました。
それぞれの写真でこの滝の大きさと美しさを実感して欲しいのです。

 

圧倒的な水量で、轟きながら流れ落ちていきます。

 

     

 人が写っているのが分かりますか?

落差98メートル、兵庫県で最大の落差を誇ります(日本の滝100選にも選ばれています)。

一番気に入っています

 

水が岩肌を流れ落ちるそのときに何とも言えない白と黒のハーモニーを奏でます。

今日のスタートから順番にアップしてみましたのでご覧下さい。

  パノラマ写真です。 当然信仰の対象です

これは「岩間の滝」です。ここから登っていきます。
「糸滝」です・・・・細い滝がはるか上の方から流れ落ちています。 50メートル以上の落差があるでしょう。

 

左は「夫婦滝」、右は「連理の滝」です。

写しました 

天滝以外で最大の滝「鼓の滝」です。 ここまで来るとあと僅かです。

  ワンコ8号もリュックに入っています。

ついに到着しました。三脚を使って記念写真を写しました。

そして右側の写真は降りるときの様子なのですが、ワンコ7号が階段を怖がるので抱っこして下りました。
ワンコ8号は最初から最後まで?リュックの中です。

今朝(2005年5月1日)の朝刊で知ったのですが、昨日(この写真を写した当日です)この滝に来られた
家族連れの子供さん(小学1年生)が登山道から転落死されていました。
時間をみると4時頃との事ですから、私が下山している途中に挨拶した人かもしれません・・・・ ご冥福をお祈りします。

ただ、これによって登山を規制されることのないように祈ります。
日本人の悪い習慣として、「禁止すればいい」というような雰囲気がありますが、
ルールを守ってしっかりした準備をしていれば安全な登山道だと信じていますので。

私が下山しているときに目にしたのですが、ハイヒール(スリッパ?)で登られている女性もおられました。
一部のルールを守らない人の為に、一般の愛好家まで規制されるのでは承知しかねます。

帰り道に私の好きな(ワンコ2号も大好きです)「大屋町の不動滝」に寄りました。

大きさが分かるでしょう 

私の撮影技術不足から、最初の写真では岩の間から覗いている新緑が確認できません。

 

これでどうやら新緑が確認していただけるのではないでしょうか。

 

所有者があるとは知りませんでした。(若杉と書いて、ワカスと読みます)

最後の訪問地:そうめん滝です。引原ダムを下っていくと国道29号線沿いにあります。

今日の目的は、水芭蕉と天滝ですから続きがあります。

「水芭蕉公園」の様子をアップしますのでクリックしてください。

 

 

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO