2006年4月29日 土曜日 今日はみどりの日(旧天皇誕生日)です。  鳥取県の「雨滝」へ行きました。

 

今日はワンコ5号も一緒に来てくれています(GWで今日から仕事が休みなのです)。

雨滝は、幅4m高さ40mという鳥取県随一の飛瀑を誇ります。 トチ、ブナなどの千古の原生林に包まれつつ、
断崖絶壁を轟音と共に落水する荘厳な威容にを誇り、 平成2年には「日本の滝100選」に選定されました。
古来より有数の霊場として善男善女の修業の場、お遍路さんの信仰の場として活用され、 今なお神秘的な霊場としての雰囲気を残しています。
また、雨滝の奥部には筥滝、布引の滝、親子滝など大小48の滝があると言われています。

  サクラが咲いています

この滝は「布滝」といいます。    絹の布を掛け流したように美しいのでこの名がつきました。
この滝の水は山の中腹から湧き出る地下水 なので、長期の日照りでも、また豪雨でも水量が変わることはありません。

 ワンコ2号、5号ともお参りしませんでした・・・・ 雨滝不動明王がいます

雨滝のお不動さんを信仰すると精神病がなおる、商売繁盛など霊験あらたかと伝えられています。
昔から「雨滝に詣った年の冬は肌が荒れない、滝の霊水が寒さを守って下さる」と信じられ、美人になると言われています。

圧倒的な水量で、しぶきがここまで飛んできます・・・・・・・・男性的とも言えます。

  

この橋を渡って筥滝(はこたき)へ行きます。   筥滝は原生林に囲まれた三段の滝です。
扇ノ山(おおぎのせん)河合谷渓谷を源とした冷水が流れていて涼しさを満喫できます。滝坪にまつわる哀れな亀の伝説があります。

  

途中、このように倒木がいたるところで倒れていて道を塞いでいます。

筥滝に到着しましたが、全景を見てもらえないのが残念です。雰囲気だけ感じてください

上段の滝です 石楠花が咲いていました

左が全景。  右は上段の部分で、石楠花(しゃくなげ)が咲いていました。

  

左が下段部分です。 上段からの合計の全長は60メートル以上あると思われます。

私が写しています 拝借しています 

残念ながら筥滝は正面から写そうと思ったら渓流を越さなければ行くことが出来ません。  
水量も多く、危ないので今回は断念。  代わりに同好者のサイトから借りてきました。

 

姫路から戸倉峠を越えて3時間(途中道の駅で2回休憩しました)、滝を見る目的だけに来ました。
ワンコ5号もいつまで一緒に来てくれるか分かりません・・・こんなことがあってもいいのではないでしょうか。

 

 

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO