2007年7月29日 日曜日  猿壷の滝へ行った帰り道にシワガラの滝へ寄りました。

ちょっと加工して緑を強調しています いつの間にか標識ができていました

この滝の良さはなんと言っても洞窟入り口の「苔」の鮮やかさではないでしょうか。
この緑色を見ると、シワガラへ来たという実感が湧きます・・・それくらいいつ来ても感動します。

今更説明の必要はないと思いますが、この滝は洞窟の中にあるのです。
そして、その洞窟の入り口には下の写真で分りますか?門番が睨みを利かせているのです・・・・・。

 

ですから私は、この洞窟を「アリババと40人の盗賊」になぞらえて「開けシワガラの洞窟」と名付けています。
もちろん「開けゴマ」をもじっているのでが、こう呼ぶことで「シワガラ」という変った名前が呪文であると理解できるのです。

シワガラが呪文かどうかはどっちでもいいですが、次に周辺の自然を紹介します。

かわいらしいトカゲさんでしたヨ
子供なら喜ぶでしょうネ クモちゃんが分りますか?

トカゲさんに、クワガタさんに、手長クモちゃん・・・・・ちょっと気持ち悪い?

この奥が洞窟です・・・・ 投入れ堂を思い出します

最後はお決まりのツーショットです。

なお、シワガラの滝までは、一応歩ける道が整備されていますが、それでもこのように鎖を持って歩かねばならない場所もあります。
準備として、登山靴と軍手は必須です。 また、洞窟へ入られるのでしたら「長靴」も持たれた方が良いと思います。

今日の番外編:お昼ご飯に続きます。     なお、「苔の緑」特集を別にアップしました。

 

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO